働く人と環境の両方に配慮した「Interface」のグローバル本社

「Perkins+Will」がモジュールフロアメーカー「Interface」の為に手掛けたジョージア州アトランタにあるオフィスを紹介します。

商業用、住宅用ともに世界を代表するモジュールフロアメーカーである「Interface」社は1950年代に建てられたオフィスビルを改装し、新しいグローバル本社として利用しています。

このグローバル本社は、これまで各地に分散していたワークスペースを統一し、従業員がオフィスのどこでどのように働くかを柔軟に決めることができるよう設計されています。

また、外装ガラスに連続した森のグラフィックを施すことで、地元の環境システムにマッチした工場の再構築を目的とするInterface社の“Factory as a Forest(森としての工場)”計画を表現しています。

建物の外装は自然光を取り入れ、熱を減らす工夫が施されており、従業員の健康に配慮した環境づくりを優先し、広大な階段や屋上スペース、リフレッシュできる個室とコミュニティスペースを提供すると共に、塩素でなく紫外線で飲料水を処理する水と空気の濾過システムを採用しています。

  

(引用元:https://offiesnapshots.com/2019/05/15/interface-headquarters-atlanta/  )

オフィスデザインや内装設計なら私たちにお任せ下さい。

INCLUDE DESIGN Inc.
“あなたとともにある空間づくりを”

単なる効率性だけでなく、活気と刺激にみちた空間デザインを考え、
インクルードデザインでは、オフィス設計を行っています。

問い合せフォーム:include.bz/company#contact
Mail:contact@include.bz
Tel:03-6416-0597