コミュニケーションが取りやすいオープンレイアウトの「Fogarty Finger」のオフィス

設計事務所「Fogarty Finger」が自社のために設計したニューヨークのオフィスを紹介します。

Fogarty Fingerは、スタッフが誇りに思うようなオフィス空間を作りたいと思っていました。
また、集中して仕事をするスペースとカジュアルなスペースの両方があり、それらを連携させて仕事ができる環境を望んでいました。

オフィス内のレイアウトをオープンレイアウトにしたことで、スタッフ同士がコミュニケーションをとりやすくしています。

すべてのミーティングスペースに、大型モニターを設置したことも、コミュニケーションをとるのに非常に役立っているそうです。

全体的なオフィスの雰囲気は、白色で、無彩色ですが、床は暗めな色合いとなっています。

 (引用元:http://www.officedesigngallery.com/2015/07/10/fogarty-finger-york-office/)

オフィスデザインや内装設計なら私たちにお任せ下さい。

INCLUDE DESIGN Inc.
“あなたとともにある空間づくりを”

単なる効率性だけでなく、活気と刺激にみちた空間デザインを考え、
インクルードデザインでは、オフィス設計を行っています。

問い合せフォーム:include.bz/company#contact
Mail:contact@include.bz
Tel:03-6416-0597