置くだけ簡単。無垢のフローリング『ユカハリ・タイル』

はじめに

西粟倉森の学校が取り扱う、無垢のフローリング「ユカハリ・タイル」をご紹介します。
オフィスの床に置くだけで、簡単にオフィス内の雰囲気を変えることができ、汚れた時は取り外しも簡単にできる、とても便利な製品です。

(引用元:http://morinogakko.jp/work/yukahari/)


置くだけ簡単、無垢の床

50cm×50cmの無垢の木の ”タイル”を、接着剤等を使わず既存のオフィスの床に置くだけで、無垢のフローリングが出来上がります。置いてあるだけなので、簡単に現状回復ができ、賃貸物件でもオフィスデザインを楽しむことが可能です。

また、引っ越しの時に一緒に持っていくことや、汚れや傷が気になったら部分的に張り替えることもできます。1枚あたり約2㎏と軽量なので、女性でも簡単に設置することができます。表面は無垢材ですが、裏面は合成ゴムシートとなっているので、既存の床を傷める心配もありません。

(引用元:http://morinogakko.jp/work/yukahari/)


バリエーション

「ユカハリ・タイル」には、様々なバリエーションがあるので、その一部を紹介します。

「すぎ ワリバシ」は、節のない細いラインで構成されるのですっきりとした仕上がりとなり、コンクリートなど無機質な素材との相性が良い無垢床です。


(引用元:http://morinogakko.jp/work/yukahari/)

また、「コグチ」は、小口方向にカットしたチップを一枚一枚貼り付け、モザイク柄にしたユカハリ・タイルです。強度があるため、ピンヒールで踏んでも大丈夫です。オフィスの壁一面に張り付けてアクセントウォールにすることもできます。


(引用元:http://morinogakko.jp/work/yukahari/)

その他にも、汚れに強いものや色味など、用途やオフィスの雰囲気に合った床を選ぶことができます。

(引用元:http://morinogakko.jp/work/yukahari/)

製品の産地

この製品の産地は、岡山県・西粟倉村です。村の面積の95%が森林で、そのうち86%が杉、檜の人工林が占めています。

この製品を制作している西粟倉森の学校は、原木の調達、製材、乾燥、加工から販売までの機能を担っており、一般建材やオリジナル建材の開発、割箸や雑貨の生産も行っているそうです。地域の林業を支えるため、人工林から出る間伐材を加工し、木材の価値を最大限に活かした製品づくりを行っています。

また、製品づくりの他にも、間伐体験や森のツアーなどを行うことで、森林と都市の距離を近づけ、繋がっていくことを目指しているそうです。

(引用元:http://morinogakko.jp/work/yukahari/)

賃貸のオフィスなどでイメージチェンジをしたい方や手軽に雰囲気を変えたい方などは、活用してみてはいかがでしょうか。

『ユカハリ・タイル』紹介サイト
http://morinogakko.jp/work/yukahari/

オフィスデザインや内装設計なら私たちにお任せ下さい。

INCLUDE DESIGN Inc.
“あなたとともにある空間づくりを”

単なる効率性だけでなく、活気と刺激にみちた空間デザインを考え、
インクルードデザインでは、オフィス設計を行っています。

問い合せフォーム:include.bz/company#contact
Mail:contact@include.bz
Tel:03-6416-0597