「ポッド」と呼ばれるモジュールを配置した「Apple」の新社屋のオープンなフロア

「建築界のノーベル賞」と称されるプリツカー賞を受賞した建築家、ノーマン・フォスター氏によって設計された「Apple」の新社屋。
生前、ジョブズ氏は、新社屋デザインを「Foster + Partners」に依頼することを決め、2009年7月に電話で「手伝ってほしい」と依頼したそうです。

計画当初、建物の外観デザインは関係者が「プロペラ」と呼ぶような、三つ葉のクローバー型でした。
しかし、2010年の春、ジョブズ氏が「内側は狭すぎ、外側は広すぎる」と問題を指摘したのをきっかけに、円形の建物が計画されることになります。

新オフィスでは、従来のアメリカのオフィスデザインで見られるキュービル型をやめ、ガラスを多用した非常にオープンなフロアになっています。

また、4つのフロアにはそれぞれ80個の「ポッド」と呼ばれるモジュールを配置するアイデアが取り入れられました。

この「ポッド」には昇降式デスクがあり、チーム作業やコミュニケーションスペースとして変化できるよう工夫されています。

ジョブズ氏がノーマン・フォスター氏にプロジェクトを依頼して8年。
キャンパス内で働く12,000人のApple従業員全員が、建物が完全に完成した2017年9月までに入居が予定されています。

(引用元:https://www.dezeen.com/2017/08/10/apple-park-campus-employees-rebel-over-open-plan-offices-architecture-news/)

オフィスデザインや内装設計なら私たちにお任せ下さい。

INCLUDE DESIGN Inc.
“あなたとともにある空間づくりを”

単なる効率性だけでなく、活気と刺激にみちた空間デザインを考え、
インクルードデザインでは、オフィス設計を行っています。

問い合せフォーム:include.bz/company#contact
Mail:contact@include.bz
Tel:03-6416-0597