オフィス版 Airbnbとも言える新形態!自宅を開放する『Hoffice』に大注目

title3

はじめに

最近では “ノマドワーカー” や “フリーランス” などの働き方が多くなり、徐々にシェアオフィスや、コワーキングスペースのワークスタイルが浸透してきている感じがします。
そんな中、はやくもポスト・ノマドとも呼べそうな、新しいワークスタイルが、北欧・スウェーデンから世界へと広がりみせています。

それが、今回ご紹介する “Hoffice” です。

hoffice032

まさにオフィス版 Airbnb

“Hoffice”とは文字通り、“Home(家)”と “office(オフィス)”を合体させた造語。家を開放してオフィスとして活用するコミュニティサービスです。家を開放というと、最近日本でも急成長している“Airbnb”を思い起こしますが、まさにその『オフィス版』といった感じでしょうか。

そのようなサービス形態をもつ、“Hoffice”では、ウェブサイトを通じて1日単位で参加者を募集します。
やはり、初対面同士が集まることも多いとのこと。

Hoffice-_020_Photo-Jens-Alvin2

“Hoffice” 創始者のChristofer Franzen氏によると、もともと大学で効率的な働き方を研究しつつ、その卒業後に自宅やカフェで独り働く日々に疑問を感じ、仲間の家を利用したことがキッカケになったそうです。

やがて、その取り組みがクチコミで広がり、自然とネットワークが形成され始めたといいます。

Hoffice-Tulohuset-kopia1

効率的に働くためのルール

家で仕事をしてしまうと、だらけたり、他の誘惑に負けてしまって、仕事に集中できないのでは?と思ってしまいますが、“Hoffice”では効率的に働くための以下のルールを設けているそうです。

【推奨人数】

推奨人数は10人以下

【休憩を繰り返す】

45分のセッションと15分の休憩を繰り返す

【達成度合をチェック】

各セッション前に目標を宣言しあい、終了後に達成度合をチェック

hoffice06

ほどよい緊張感とタスク管理を行うことがポイントのようで、コミュニティとしては、異業種の人との出会いや、刺激を活かすといった点では、コワーキングと近しいといえますね。

Hoffice_157_Photo-Jens-Alvin

まさにアットホームなブレイクタイム

合間の休憩時間では、メンバーの得意分野や持ち込み企画などを行い、ヨガ講座やトランポリン教室、屋外散策、ゲーム大会なども開催されるそう。全力で遊びを楽しみ、次の45分に向けて気分をリフレッシュするメリハリが重要なんですね。

ランチタイムは、皆で持ち寄ったり、費用を負担しあったり、ブッフェなどを開催するのが一般的。ここは海外ならではですね!

Hoffice_buffe1

このセッションとブレイクを繰り返えし、1日のタスクをクリア!晴れ晴れとした気持ちも、皆と共有しあえるわけです。

Hoffice-Amrit-Webb1

いよいよアジアでもスタート

この新しいワークスタイルは、すでにヨーロッパ諸国をはじめ、アメリカ、台湾などにも広がりを見せています。シェア精神と、利用者同士の信頼を基盤にしているため、セキュリティ上の不安はあるものの、この取り組みがどんな発展を遂げるか、気になるところですね。

hoffice

参加方法

参加方法は実に簡単。
自分の都市の“Hoffice”用Facebookページに登録し、各日程の申し込みをするだけです。

“Hoffice”を始めたい人は、まず他の“Hoffice”のメンバーとなり、運営システムや心得を学んだうえで、新たにFacebookページを作成するという流れ。

晴れて“Hoffice”のオフィシャルサイトに承認されれば、世界中の誰もがあなたの“Hoffice”を見つけることができ、地元の人だけでなく、旅行中のワーカーがふらりと立ち寄る、なんてこともあるかもしれません。

自慢の家や、インテリアを世の中に発信しつつ、昼は“Hoffice”、夜は“Airbnb”と組合せ技も面白いかもしれません!

■ Hoffice
http://hoffice.nu/en/

オフィスデザインや内装設計なら私たちにお任せ下さい。

INCLUDE DESIGN Inc.
“あなたとともにある空間づくりを”

単なる効率性だけでなく、活気と刺激にみちた空間デザインを考え、
インクルードデザインでは、オフィス設計を行っています。

問い合せフォーム:include.bz/company#contact
Mail:contact@include.bz
TEL:03-6416-0597